建物が古くなってきますと建物のどこかにくるいが生じ、そのままほうっておくと、それが原因で建物全体が弱体化してしまいます。

当社では一級建築士である専門スタッフが基礎の状態及び土台柱壁などの構造部分を詳細に調査し診断いたします(漏水や湿気などによる木の腐りシロアリの食害等迄調査いたします)。

その診断により、お客様とご相談し阪神大震災の地震にも耐えられる現在の耐震基準に見合った補強工事を施工し新築同様の強固な家に仕上げます。

少しでも早く耐震補強工事をすることが工事費用を安くあげると同時にお住まいの安全確保となります。